ドラフト その2

こんばんは!

いよいよストーブがないと生活できない

くらい寒くなってきましたが

いかがお過ごしでしょうか?


今回は、ドラフトについての考え

その2を紹介したいと思います。


今回の内容は

「高卒投手は量より質を重視し

上位で取るべき」ということです。


理由として

1.毎年必ず、大学または社会人からの

 即戦力投手は下位指名でもいる

 高校生では選手の力量は正確に

 判断するのは難しい

2.取るならエースとして育てるつもりで

 上位で取る

以上をあげたいと思います。


まず、1つ目の理由

皆様、ここ数年の間で即戦力投手の

いないドラフトはありましたでしょうか?

2021年

阪神 伊藤将司 社会人 2位

広島 栗林良史 社会人 1位

楽天 早川隆久 大学 1位

日ハム 伊藤大海 大学 1位

2020年

広島 森下暢仁 大学 1位

西武 宮川哲 社会人 1位

日ハム 河野竜生 社会人 1位

楽天 滝中暸太 社会人 6位

阪神 小川一平 大学 6位

2019年

ヤクルト 清水昇 大学 1位

巨人 高橋優貴 大学 1位

DeNA 上茶谷大河 大学 1位

ロッテ 中村稔弥 大学 5位

2018年

オリックス 田嶋大樹 社会人 1位

ソフトバンク 高橋礼 大学 2位

阪神 高橋遥人 大学 2位

2017年

DeNA 浜口遥大 大学 1位

中日 柳裕也 大学 1位

巨人 畠世周 大学 1位

楽天 森原康平 社会人 5位

楽天 高梨雄平 社会人 9位

西武 平井克典 社会人 5位

ロッテ 佐々木千隼 大学 1位

日ハム 玉井大翔 社会人 8位

オリックス 山岡泰輔 社会人 1位

2016年

DeNA 今永昇太 大学 1位

中日 福敬登 社会人 4位

阪神 青柳晃洋 大学 5位

巨人 中川皓太 大学 7位

ロッテ 東條大樹 社会人 4位


このように、ここ5年で見ても

大学、社会人出身かつ

上位だけでなく下位でも活躍する投手は

毎年のように現れています。

ここから私が言う言いたいのは

「高校生を一からわざわざ時間をかけて

育てなくても、大学や社会人から

すぐローテを守れる投手を取った方が

効率が良く、下位で高校生投手をとっても

時間がかかるし大成する確率も低いので

効率が悪い」ということです。

マネーボール」でおなじみ

メジャーリーグ、アスレチックスの

「ビリービーンGM

高校生の段階で活躍する可能性を

見極めるのは非効率として

大学生の指名に一本化して有名になりました。


言われなくても、その通りだとは思います。

23歳で成長期が止まり

頭でイメージする事に体がついてきて

一気に成長する大学生

19歳から40歳前後の選手が共に戦い

精神も技術も成熟する、社会人

そりゃ、高校生より実力がはっきりするのは

当然だと思います。

高校生だと

体力的にも精神的にも未熟

はっきりした成長曲線もわからない

こう言ったリスクの方が多いので

効率が悪いのも頷けます。


しかし、私は高校生を指名しないのは

もったいないとも思っています。

高卒で取って戦力化できれば

ながくチームに貢献できるうえに

スケールの大きい投手になりえる ためです。


今、日本人メジャーリーガーで代表的なのは

投手として9勝し160km/hを投げ

打者として46本塁打放ち

メジャーリーグで史上初めて先発投手と1番DH

としてオールスターゲーム出場した

大谷翔平」選手を筆頭に

ダルビッシュ有」選手や

田中将大」選手のようにながく

メジャーリーグで活躍した選手には

高卒が多くいます。

主な理由は、若くしてメジャーへの

挑戦ができるからだと思います。

海外FA権を得るためには

年間145日以上の1軍登録を9年間続けないと

いけないため、大卒だと若くても31歳

人間の肉体年齢的には下り坂のため

ながくは活躍しにくいと思います。

しかし、高卒なら早くて27歳

この歳からなら充分に力を維持して

メジャーリーグに挑戦できるため

スケールの大きい選手が生まれやすいのだと

思います。もちろんポスティング移籍も

メジャーリーグへの近道ではありますが

球団によって考えが違うため

自力でメジャーリーグ挑戦なら

海外FA権がベストだと思います。


故に、理由その2

高卒は上位指名で数を少なくして

英才教育を施し

才能ある選手を育てることに力を

注ぐべきだと思いました。


皆様の意見お待ちしております!

ドラフト その1

こんばんは!

明日から雨が降り、めっきり寒くなりそう

ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか?


さて、今回なのですが

私の理想とするプロ野球チームの

野手はスタメン

投手はローテと勝利の方程式を

紹介してきました。

ふと、私は思ったのですが

ここまで来ると、紹介する選手の魅力が

どんどん右肩下がりになるのではないか?

と思いました。


そこで、今回からしばらく

私がプロ野球のドラフト指名で

思うことについて、皆様の意見をもらう

と言うコンセプトに変えてみようと

思います。


突然の変更、申し訳ございません。


早速なのですが初回の内容は

「外野手の上位指名はリスクが高い」

と言う考えについて述べたいと思います。


理由は

1.コンバートされやすく

2.コンバートしにくい

この2点です。


まず、1つ目の「コンバートされやすい」点

につきまして。

皆様、プロ野球の外野手の名選手って

プロ入り時、外野手でない人が多いと

思いませんか?

日本人で初めてメジャーリーグMVPに輝いた

イチロー」選手は元ピッチャー

日本人で初めてメジャーリーグ

ワールドシリーズMVPに輝いた

「松井 秀喜」選手はプロ入り時、サード

赤いイナズマの愛称のもと

V9の巨人を支えた

「柴田 勲」選手は、甲子園優勝投手

両リーグで1000本安打を達成

37歳にてMVPを取った、遅咲き

「和田 一浩」選手は

社会人出身のキャッチャー


「糸井 嘉男」「福留 孝介」「高井 雄平」

「内川 聖一」「稲葉 篤紀」「陽 岱鋼」

筒香 嘉智」「梶谷 隆幸」「大田泰示

「鈴木 誠也」

このように、外野以外のポジションから

球界を代表するプロ野球選手になった

ケースは挙げ出したらキリがありません。


ここで私が言いたいのは

「外野手とは他のポジションからの

コンバートが最も多い、競争率の最も激しい

ポジションである」ということです。

ただでさえ、他のポジションから

コンバートされやすく

競争率が高くなりやすいのに

「ドラフトで生粋の外野手を取ってきても

あぶれる可能性が高いのではないか?」

と思い、外野手の指名はリスクが高いと

思いました。


2つ目の「コンバートしにくい」点について

皆様、1つ目とは逆に外野手からコンバート

して、活躍したプロ野球選手は

何人いるでしょうか?


横浜DeNAの初代GMにして

巨人のV9を支えた「高田 繁」選手は

外野手からサードでコンバートされても

ダイヤモンドグラブ賞を受賞するなど

永く活躍されました。

「小谷野 英一」選手は

パニック障害に苦しみながらも

外野手からサードへコンバートされ

日ハム時代に打点王を取り、活躍されました。









以上です。




私の知る限り、外野手からコンバートされて

活躍されたプロ野球選手は

この2人だと思います。

ここから、外野手というのは

「他のポジションからはコンバートされやすい

のに外野手からのコンバートは極めて

厳しい、リスクの高いポジション」

なのではないか?と言うのが私の考えです。


故に、ドラフトで1位から3位の上位で

外野手を指名して芽が出なかった場合

他のポジションへのコンバートが難しいため

外野手としてそのまま戦力外となる

となるため

ドラフト上位で外野手を指名するのは

リスクが高いと思いました。


もちろん

西武でドラフト3位で指名され

走攻守3拍子揃った選手として

メジャーリーガーになった

「秋山 翔吾」選手

ソフトバンクにドラフト2位で指名され

現役最強打者の名を欲しいままにする

「柳田 悠岐」選手 のように

ドラフト上位で指名され

大活躍する外野手もいます。

しかし

「伊藤 隼太」「オコエ 瑠偉」「川上龍平」

「伊志嶺 翔大」「後藤 駿太」「野本 圭」

岩本 貴裕」「松本 啓二朗」「高橋 大樹」

上記のように外野手としてドラフト1位で

指名されながらも、未だ1軍で満足に

活躍できてない、または実績を残せず

戦力外になった選手は大勢います。


もちろん、他のポジションで入団し

活躍できず、戦力外になった選手も

大勢います。しかし、他のポジションなら

外野へのコンバートと言う最終手段が

残っていますが、生粋の外野手は

他にコンバートできるポジションは

ほとんどありません。


故に、「外野手は逃げ道がない

極めてリスクの高いポジションで

ドラフト上位は厳しい」と言うのが

私の意見です。


いかがだったでしょうか?

皆様の意見お待ちしております。

なぜ?

こんにちは!

久しぶりの昼投稿になりましたが

皆様、いかがお過ごしでしょうか?

今回はチームの守りの要

セカンドの選手を紹介いたします。

f:id:u14016u14:20211114134238j:plainf:id:u14016u14:20211114134252j:plainf:id:u14016u14:20211114134306j:plainf:id:u14016u14:20211114134320j:plain


名前は「森笠 嘉彦」選手

打撃フォームはロッテで活躍された

いぶし銀、「堀 幸一」選手です。


今回、こだわった点は

1.安定した守備力

2.9番打者に合う打撃スタイル

この2つです。


1つめの守備力ですが、やはり

センターラインと言われ、守備機会も多い

ポジションなので不可欠です。

近年は守備シフトが発達したため

DeNAの「ソト」選手のように

守備より打撃重視の選手が起用

されがちですが、私はあまり良くないと

思います。

確かに打撃は野手にとって特に重要な

要素ではありますが、無理に守備機会の

多いセカンドで、それを重要視すべきで

ないと思います。


2つめは9番打者に合う

1.チャンスを広げられる

2.8番ピッチャーが送ったランナーを返す

3.8番打者のランナーを送って1番に任せる

これをもとにした打撃スタイルにしました。


私のチームは8番にピッチャーを置きます。


9番に打力最弱のピッチャーを置くと

1番打者に回る前に1アウト確定するため

チャンスを広げるのに不利になります。

故に、9番打者は1番と同じくチャンスを

広げられる能力が必要です。

また、9番に野手を置くことで

9番ピッチャーが送ったランナーを

1番が返す必要が少なくなります。

もちろん、8番ピッチャーの代打が

出塁すれば9番で送って1番と2番で

返してもらう戦術を取ることもできます。


また、8番にピッチャーを置くことで

スムーズな攻撃を期待できます。


回の攻撃のパターンから

6、7、8番で三者凡退しても、次の回は

9、1、2番でどこからでもチャンスを

広げられます。

7、8、9番で三者凡退しても、次の回は

1番からの好打順。

8、9、1番で三者凡退しても、次の回は

2番のチャンスを広げる能力も高い

「黛」選手から始まり

3番「大門」選手、4番「小野寺」選手で

得点を期待できます。

最悪のパターンでも

5、6、7番で三者凡退して、次の回で

8、9、1番となり9番のチャンスメーカー

「森笠」選手に回る前に1アウト確定の

パターン、これだけです。

故に、チームの7番打者「田島」選手は

選球眼を上げ、なんとか8番ピッチャーで

回の攻撃を終えられる打撃スタイルに

しました。


今回、私が特に強く言いたいのは

「なぜ、DHがない試合は

判で押したように9番ピッチャーなのか?」

ということです。

もちろん、「ラミレス」監督時代の

DeNAは8番ピッチャーを起用していて

1.チャンスに強い「倉本」選手に

 ランナーを返してもらう

2.野手顔負けの打撃力を持つ

 「ウィーランド」投手の能力を活かす

ためだと思います。

ここまで、8番に最弱打者であるピッチャーを

置いた方がメリットが大きいのに

なぜ、セリーグのチームは9番に

ピッチャーを置き続けるのか

私には分かりません。

もちろん、スタメン野手の

打撃能力やスタイルの都合があるとは

思いますが、少しぐらい考えて起用しても

いいような気がしてならない

今日このごろでございます。


いかがだったでしょうか?

守備の要であるセカンド

メリットの多い9番野手


皆様の意見、お待ちしております!


日本人がいいのでは?

こんばんは!思ったよりあったかい日々が

続いていますが、皆様いかがお過ごし

でしょうか? 


さて、今回はチームの勝ちパターンを

担う投手を紹介いたします。

f:id:u14016u14:20211107210201j:plain

f:id:u14016u14:20211107205805j:plainf:id:u14016u14:20211107210020j:plainf:id:u14016u14:20211107210100j:plain


名前は「風見 千太郎」選手

投球フォームは西武で活躍された投手

「潮崎 哲也」選手です。


今回、この選手を作る上でこだわったのは

1.サイドスローであること

2.シンカーを使えること この2つです。


なぜ、この2つなのか。それは過去に紹介した

Max167km/hの火の玉ストレートと

鋭く落ちるフォークが武器の「辻川」選手

球速以上にキレのストレートと

正確なコントロールが武器の「岩渕」選手で

勝利の方程式を作る際のバランスを

考慮したからです。


私のチームには、阪神JFKにならって

「風見」選手の「K」

「岩渕」選手の「I」

「辻川」選手の「T」

勝利の方程式「K I T」を作りあげました。

右のオーバースローの速球派「辻川」選手

左のスリークォーターの本格派「岩渕」選手

やっぱり勝利の方程式の投手は

全員全く違う投手の方がバランスが良く

右のサイドスローの本格派「風見」選手と

なりました。


そして、どうせサイドスロー投手を

勝利の方程式という重要な役職に就かせるなら

西武で活躍された「潮崎」選手

ヤクルトやホワイトソックスだ活躍された

「高津 臣吾」選手のような

シンカーを決め球に使える投手にしたい。

チームにシンカーが得意な投手が特に

いないため、投手陣のバリエーションを

増やしたいと思い、この能力になりました。


話は変わりますが、私は自分のチームの

勝利の方程式に外国人は加えませんでした。


プロ野球の歴史上、勝利の方程式には

阪神JFKから

ジェフ・ウィリアムス」選手

ソフトバンクSBMから

ブライアン・ファルケンボーグ」選手

巨人のスコット鉄太郎から

スコット・マシソン」選手 など

多くの外国人がいます。

私は外国人が勝利の方程式を担うことに

不満があるのではなく

投手陣で最も重要なポジションである

勝利の方程式に長い間チームに

いることが少ない外国人に任せるのは

リスクがあるのではないかと思ったため

勝利の方程式を日本人で統一しました。


勝利の方程式、つまり7回から9回の

試合の終盤に出てくる投手は

先発投手より、責任が重く

高い能力を必要とすると思います。

先発投手は、1回や2回に大量失点しても

負けても評価が下がるのは先発1人だけ。

そして、1回、2回など早い回の時点なら

逆転のチャンスは充分にあります。

また、ドラフトにおいても即戦力の

先発投手は毎年たくさん候補に上がるため

必要ならすぐにでも数を揃えられます。

そして、2020年阪神のドラフト2位

「伊藤 将司」選手のように1年目から

活躍する新人選手も珍しくなくなりつつ

あります。


しかし、試合の終盤になるとそうは

いきません。

7回から9回に投げる投手が失点し

逆転されてしまうと、自分の評価が下がる

だけでなくそれまで投げていた先発投手の

勝ち星を消してしまい、評価が上がりません。

勝利の方程式は先発の頑張りを無駄に

しないためにも高い能力が必要だと思います。


では、そんな重要な勝利の方程式に

外国人を加えない理由は何か?

答えは日本人と外国人の

契約の違いにあります。


日本人が契約では、他球団は欲しくても

その日本人が自由契約やFA宣言など

しないと移籍交渉することもできません。

つまり、日本人の移籍には

1.チームからいらないと判断される

2.FA権で日本人が移籍を自ら申し出る

だいたいこの2つパターンしかなく

チームは日本人をながい間保有することが

できます。


しかし、外国人ではこうはいきません。

外国人の契約が切れれば

他球団にも交渉のチャンスがあるため

外国人の移籍には日本人より

マネーゲームが発生しやすいリスクが

あります。

そうなると、今いるチームが高い年俸で

外国人に残ってもらうしかなく

仮に、その外国人に年俸だけの成果が

ついて来なくなるとすぐにクビにしがちです。

日本人の球団だけでなく、メジャーリーグ

球団まで、交渉の席に着くので

ますます、マネーゲームは避けられません。


阪神の「ロベルト・スアレス」選手

中日の「ライデル・マルティネス」選手が

メジャーリーグ挑戦などの移籍するかも

しれないニュースを見た時

外国人の勝利の方程式は長気的なチームから

見ると、リスクの高いものだと

確信することができました。


いかがだったでしょうか?

試合の勝敗に直結し、チームの黄金期に

欠かせなくなった勝利の方程式。


皆様の意見、お待ちしております。

長文失礼致しました。


結局

こんばんは!

今日は選挙日ですが、皆様投票は

済ませましたか!

今回は扇の要、チームのキャッチャーを

紹介いたします!


f:id:u14016u14:20211031210240j:plainf:id:u14016u14:20211031210020j:plainf:id:u14016u14:20211031210028j:plainf:id:u14016u14:20211031210045j:plain

名前は「田島 晃(あきら)」選手

打撃フォームは社会人野球出身で

2000安打を達成された名捕手

「古田 敦也」選手です。


今回こだわった点は

1.捕球>リード>肩力とスローイング>打撃

 で能力を優先すること

2.簡単にはケガしないこと

3.選球眼と慎重スイングで四球を勝ち取る

 バントで次打者の投手に繋ぐ

 この3つです。


1つめの理由ですが、ドラフトでは

新人捕手は大抵肩が強いことと打力を

長所にあげられることが多いです。

もちろん、肩が強ければランナーが

盗塁をためらう抑止力になりますし

野手である以上、打てるにこしたことは

ありません。

リードもキャッチャーが自身の

頭で試合をコントロールできれば

投手は能力以上の力を出せます。


ただ、この3つの要素は

他者によってカバーできるのではないか?


盗塁を防ぐためには捕手の肩の強さ

だけでなく、投手のクイックの速さも

影響します。

南海ホークスでながく活躍された

「野村 克也」選手が

自身の肩の弱さを補うため投手陣にクイックを

習得するようにしたのは有名な話です。


捕手にとって肩の強さとは

強ければ良いにこしたことはないが

それだけで盗塁を阻止できるわけでなく

投手という他の存在も介入する

正当な評価が難しい要素

なのではないでしょうか?


打撃能力も同じことです。

打てば良いにこしたことはないが

得点は9人で取るものであり

互いにカバーできる要素です。


リードにいたってはベンチから

サインが送られることも珍しくなく

キャッチャーがベンチからのサインを

そのまま投手に伝えるだけの時もあります。


つまり、肩の強さと打撃はたとえ弱くとも

投手を上手くリードできずとも

他の野手、投手、ベンチにより

いくらでもカバーできる能力ではないか?


では、他者が介入できない能力は何か?

そんなもの、捕球能力以外に何が

あるでしょうか?

この要素だけは誰にもカバーできません。

当たり前ですよね、キャッチャーが

後ろに逸らしてもそこには誰もいないの

ですから。

よって、捕球だけはキャッチャーの能力を

正当に評価できるものと思い

捕球99と能力をカンストさせました。


そして、2つめ簡単にはケガをしないこと

私の中で、キャッチャーとは

野球の中で最も固定されるべき

ポジションだと思っています。


近年ではキャッチャーを固定せず

投手によって併用することが流行しています。

ただ、それをしてるチームは短期的には

効果がありますが、結局軸となる

キャッチャーが育たず

チームの弱点のままになっていると思います。

もちろん、キャッチャーの負担を考え

併用するのは良いことですが

試合数全体のうち

レギュラーのキャッチャーが7割

控えのキャッチャーが2割

若いキャッチャーが1割

この割合が私の考える理想の

キャッチャーの併用だと思います。

1軍に出るキャッチャーが全員同じような

割合で試合で出ても長気的に勝てる

チームにはなれないと思います。


よってレギュラーとなるキャッチャーを

固定して使うためケガのリスクを

減らしました。


最後、3つめは

四球を選ぶ打撃スタイル

バント能力 を重視しました。


というのも、この選手は投手の前を打ちます。

そうなると考えられるのは

後ろが打撃を期待できない投手のため

打撃能力を活かせない状況です。


投手の前を打つ打者に必要な能力は何か?

私はどんなことをしてでも投手に繋ぐ

能力が重要だと思います。

仮に2死で打席がまわり、四球で

投手に打席を繋げば

次は野手から攻撃を始めることができ

攻撃の流れが良くなります。

バント能力は1死 ランナー1塁で

下手に打ってダブルプレーをくらうより

望み薄でも、送りバントでランナーを

スコアリングポジションに送り

投手で攻撃を終わらせる方が効率的のため

つけました。たとえ、バント失敗でも

ダブルプレーにならなければ

2死で投手に打席が回るので失敗しても

問題ありません。


いかがだったでしょうか?

どれだけ野球が変わろうとも

その重要性は変わらない

キャッチャーというポジション


皆様の意見、お待ちしております!

長文失礼致しました。



チームでただ一人 それを許される

こんばんは!

この1週間で一気に寒くなりましたが

皆様、いかがお過ごしでしょうか!


さて、今回はチーム有数の長距離砲

5番打者を紹介します!

f:id:u14016u14:20211024200903j:plainf:id:u14016u14:20211024200910j:plainf:id:u14016u14:20211024200918j:plainf:id:u14016u14:20211024200933j:plain


名前は「リック ドラモンド」選手。

打撃フォームは横浜、中日で活躍された

長距離砲「タイロン ウッズ」選手です。


今回、こだわった点は2つ

1.パワーを99(最大)にする

2.積極的に一発を狙う打撃スタイル

この2点は5番打者に必要な要素

だと思い、このようにしました。


私の中で5番打者は

3番、4番打者のような勝負強さよりも

1人で点が取れる長打力が

大事なのではないかと思います。


このチームは過去に紹介した

1番打者「近澤」選手と

2番打者「黛」選手でチャンスを作り

3番打者「大門」選手と

4番打者「小野寺」選手で得点する

打線の流れになっています。

そうなると5番打者「ドラモンド」選手が

打席に立つ頃には「近澤」選手と「黛」選手

という足の速いランナーが残る場面が少なく

逆に「大門」選手と「小野寺」選手という

そこまで足が速くないランナーが残ることが

多いのではないかと思いました。

つまり、確実にミートしてシングルヒットを

狙ってもあまり得点は期待できません。

ならば、確実性を落としてでも

ホームランを打って足の遅いランナーを

ホームに返す方が効率が良いと思い

一発を狙う打撃スタイルにしました。


そうなると、どうしても三振が増えます。

ミート重視の打撃スタイルなら三振も少なく

じっくりボールを見れますが

ホームランを狙うならそうはいきません。

どうせ三振しやすいなら

積極的にスイングして

ホームランを打つチャンスを増やした方が

良いと思い、この打撃スタイルにしました。


もちろん、このようなホームランを狙う

打撃スタイルの打者が多いと

なかなか打線が繋がらないため

チームの中の一発(ホームラン)を積極的に

狙って良い打者は、パワーが最大の99である

「ドラモンド」選手一人だけです。

チームの中でも有数の存在にしました。


弱点として

1.三振が多い

2.併殺打が多い(内野安打がでにくい)

以上にしました。

1は最初に話した通り、ホームランを

 狙う打者の宿命だと思いますが

2は私の5番打者に対するイメージです。


いかがだったでしょうか?

チームの攻撃をもう一押しできる5番打者

皆様の意見、お待ちしております!


掘り出しもの

こんにちは!

やっと本格的に寒くなって参りましたが

皆様、いかがお過ごしでしょうか?


今回はチームの勝利の方程式の一人を

紹介いたします!


f:id:u14016u14:20211017130326j:plainf:id:u14016u14:20211017130334j:plainf:id:u14016u14:20211017130354j:plainf:id:u14016u14:20211017130431j:plain


名前は「岩渕 優(まさる)」選手

投球フォームは

松坂世代の左腕メジャーリーガー

「和田 毅(つよし)」選手です!


今回、こだわった点は唯一つ

阪神の「岩崎 優(すぐる)」選手を

再現することです。


なぜ、「岩崎」選手なのかというと

1.球速150km/h超えなくても

 打者が空振りする直球に希少性を感じた

2.ドラフト6位にも関わらず

 セットアッパーにまで出世した掘り出しもの

この、2点が理由です。


やはり、セットアッパーともなると

とにかく速いボールを投げる

ドラフト1位の投手が多いイメージが

強かったのですが

ドラフト6位という評価の低さを

覆してセットアッパーにまで出世した

「岩崎」選手はただただカッコ良く

自分の理想とするチームに入って欲しい

と思いました。


また、左投手というのも理由の一つです。

やはり、勝利の方程式は

左右がバラバラの方がバランスが良く

私のチームの他の2人は右投手のため

左投手である「岩崎」選手に決めました。


実際に試合で使ってみて

1.四球で試合を壊さないコントロール

2右打者のインコースにズバッと決まる

 クロスファイヤー

 (2015年当時のセリーグ覇者、ヤクルトの

 4番打者「畠山 和洋(かずひろ)」選手を

 これで見逃し三振に取った時は痺れました!)

3.その気になれば変化球でかわせる

 引き出しの多さ

以上3つから「岩崎」選手が

セットアッパーで使われる理由が

よくわかりました。


いかがだったでしょうか?

試合の勝ち負けに直結するセットアッパー


皆様の意見、お待ちしております!